休憩を5分とる勉強方法

2015-09-15

休憩を入れるタイミングは、勉強時間全体の半分を過ぎてからとるのがいいのです。

休憩を入れるのは悪いことではなく、5分の休憩をどこで入れるかで違ってきます。 休憩の入れ方がヘタな人は、半分より前で入れています。
半分より前に休憩を入れると休憩後かなりしんどくなります。
後半に向けてエネルギーを上げていかなければいけないからです。

60分の勉強時間の中で5分休憩を入れるなら、そのタイミングは35-40分くらいです。
そうすることで、効果的な休憩になります。


Top